YouTubeとか、見るのをやめる方法(1か月、動画から離れてみて)

この記事は約16分で読めます。

こんにちは、BLです。
依存症なので、1か月動画視聴から離脱していました。

当記事の想定読者。

動画中毒の僕

動画(YouTube・○ル○・アニメ)ばかり観て、時間泥棒されている😱(めっちゃ後悔する)
どうしたら、動画見るのをやめられるか…教えてほしい。

上記の悩みに答えます。

本記事の特徴

  • 動画(YouTube・○ル○・アニメ)依存から抜け出す術が知れる。
    ※○ル○とは、男が3大欲求的に好む搾取動画のことです。
  • 約1か月動画から離れてみた感想・効果が分かる。
    ※動画依存の僕が「約1か月動画類を見ない生活」を乗り切った経験より
    →約1か月(3/19~4/23(計36日間))

動画依存から抜け出す方法(僕が実際やったこと)

具体的に、効果があったのが次の通り。

  1. マイルールとして「3月19日~4月19日まで動画類は見ない」と決めた。
  2. マイルール表を作成し、毎日寝る前にチェック
  3. 休日は外出する予定&筋トレ
  4. 情報収集は、MP3・本・Web記事・SNSで行なった。

もう少し具体的に説明しますね。

1.マイルールとして「3月19日~4月19日まで動画類は見ない」と決めました

僕自身、このルールを設けたのにも理由があって、「ちょうど1か月達成すれば、ブログネタにできるなと…。」という裏の目的がありました。

禁欲ってビジネスですよ。

マイルールを実施するにしても、設定方法が大切ではないかと思うのです。
おそらく下記2点は必須でしょう。

  • これを達成した暁には、「○○になる、○○ができる」という、ベネフィットがある。
  • 期間が具体的

また厳格すぎると続かない、と思うので、僕はちょい緩めに設定しました。
次の通り。

  • 動画類を見ないと作業等が進まないといった状況であれば、記録を付けて視聴OK
  • 見たい動画・録音したいYouTube動画があれば、ストックはOK

しかし、設定はしてみたものの、「記録付けるとか」・「ストックする」とかもめんどいし、結局しなかったですね。

2.マイルール表を作成し、毎日寝る前にチェック

こちらは毎日目にするので、意識づけするのに有効だったのかもしれません。

僕のやり方だと、日数をあらかじめ書いておき、そこに「○」を付けていきました。

参考までに、下記の感じです。
🖼(題:マイルールチェック表、動画類観なかったか?イメージ)

効果としては…
少しの自己肯定感アップ&達成感が期待できるかと思います。

僕の例)
「お、もう1週間か…あと少しやね。」

みたいな感じ・・・。

毎日簡単な日記を書く習慣もあり、継続は楽ちんでした。

3.できるだけ外出していた

外出する予定が、一番効果があったなと実感しています。

僕の大まかなスケジュールです。

休日バージョン

  • 午前中:カフェで作業
  • 家で昼飯
  • 休憩(ゴロゴロ)
  • 午後:ジムで筋トレ or カフェで作業
  • 夕方~夜:家で少し作業
  • 夕食(家)
  • ゴロゴロ、寝る支度
  • 睡眠

といった感じで、「外出する予定」ばかりです。
家でスマホをいじる時間もありますが、圧倒的に外にいる時間が長く、動画なんて見ている暇が少ないですね(見ようと思えば見れます)。

※なお仕事ある日も、「カフェで作業する」ということがあります(車の中にPCを持っていく)。
夏はPCを持っていくか、渋っています(車の中に置くと壊れそうなので・・・)。

4.情報収集は、MP3・本・Web記事・SNSで行なった

「こちらも割と効果的だったかな…」と思います。

当初、「学習系のYouTube動画は観てもOK」にしようとしていました。

しかし、グレーな感じで見てしまうと以下の恐れがあります。

  • YouTubeで動画学習したい
  • 視聴
  • 関連動画が出てくる
  • どうでもいいやつも見たくなる
  • 誘惑に負けて見ちゃう
  • (もういいや・・・)他の誘惑も見ちゃう
  • 結果、負のループ

上記の現象は、「YouTubeを開くから」が一番の原因だと思います。
グレーな感じで「学習系のYouTubeを開いてもOKとかにしてしまうと、結果的に時間泥棒とお会いするキッカケが生まれ、最悪の事態になりかねないです。

しかしきっぱりYouTubeから離れると、「学習系のYouTubeが観た欲があるのに見れない・・・」というが生まれます。

この穴は埋めないと、見る動機に移行しやすい。
上記の懸念があったので、他のもので代替えする策で穴埋めに成功しました。

具体的な穴埋め策

  • 徹底的なMP3化(マイルール実行前に)
  • 記事のMP3化
  • 本やWeb記事を読む

MP3であれば、有益な情報を取得しつつ、視覚から誘惑物を取り込まなくて済むので、良き感じでした。

記事のMP3化に関しては、下記をご覧ください。
【記事のMP3化のススメ。MP3化の方法とセットで紹介(記事にする予定)】

といった感じで、ビジネス系の情報などを隙間時間に聞き流しつつ、自己洗脳しています。

次に、動画依存に悩める方向けに「具体的なプラン」を練りました。

動画依存から具体的に抜け出すためのプラン

僕も1か月の動画類から離れて、ちょいと反省も加味しつつ、プランを考えました。

考案したプランが次の通り。

  1. インプットしたい動画(YouTube)をMP3化
  2. 具体的なマイルールを作る(多少はゆるく)
  3. ルールを守って起こるメリット、破ってデメリ生じるデメリットを考える
  4. 外に行く予定を作り、習慣化(一番効果的)
  5. チェック表を作り、少し自己肯定感を高める
  6. 自己啓発系のMP3を雑務等しているときに聞き流す

順番に解説します。

1.インプットしたい動画(YouTube)はMP3化

動画禁止のマイルールを始める前に、インプットしたい動画をMP3化しましょう。

おすすめのソフトは下記。

Vector:Moo0 音声録音機 (ボイス録音器)

ソフトをダウンロードし、音声化したいコンテンツを視聴すると同時に、録音しましょう。

もしかしたら、「録音したいコンテンツが無い・・・」という方は、下記の動画がおすすめ。

  • 自分が目指すような人の動画
  • 自己啓発系
  • 禁欲系の動画

※音楽を聴きたい方は、課金でダウンロードする or YouTubeで聞いている動画を録音しましょうね。

一応、部分的に僕が録音したものを紹介します。

まこなりさんの動画は、エンディングのBGMがデカいので注意!

2.具体的なマイルールを作る(多少はゆるく)

マイルールを実際に決めましょう。
決める際は、下記のポイントも押さえましょう。

  • 具体的な数値で決める(××日~××日)
  • 長くしすぎない(まずは1か月)
  • 多少はゆるくする

例えば、下記ですかね。

  • 1月1日~2月1日(1か月)まで、動画類は見ない。
  • 見たい動画、YouTubeで探したいこと→Googleタスクにリストアップしておく。

🔻「ToDo リスト」のダウンロード
ToDo リスト – Google Play のアプリ
_「Google ToDo」をApp Storeで

3.ルールを守って起こるメリット、破って生じるデメリットを考える

こちらは継続する上で必須です。

僕はコンテンツ化したいという思惑があり下記でした。

  • 守るメリット:記事が書ける→アクセスアップにつながる
  • 破るデメリット:記事が書けなくなり、記事ネタを考える手間が増える。

しかし、皆さん同じではないかと思います。

具体的な案を考えてみました。
参考までに。

  • 守るメリット:動画を観ない分、趣味や作業量を増やせる
  • 破るデメリット:時間が減る=趣味・作業の時間が減ってしまう

上記の通り。
ちょいと短絡的過ぎかもです。
自分で決めてください…というか、すみません。

考える際の注意点があり、それは破るデメリットで「自己否定をしない」ということです。

例)
破るデメリット:後悔し、自分はほんとごみ人間だと感じる
・・・などですね。

自己否定は時間の無駄なのでやめましょう。

4.外に行く予定を作り、習慣化する

外に行く予定をガツガツ入れて、習慣化させましょう。
例えば下記あたりでしょうか。

  • カフェで作業
  • 登山
  • 筋トレしにジム or 公園に行く
  • セミナーに行く
  • ランニング
  • 図書館にこもる
  • 本屋へ立ち読みしに行く
  • 日帰り旅行しに行く

家でやることがあるなら別として、暇な時や自己投資したい人はおすすめですね。

5.チェック表を作り、少し自己肯定感を高める

僕が自作した、エクセルシートを貼り付けておきます。

マイルールチェック表

マイルールをいくつか入力できるようにしてあります。

「動画類の禁止」など、マイルールをいくつかを入れたら、プリントアウトしましょう。

そして、寝る前に毎日振り返ってみましょう。

6.録音したMP3を雑務中に聞き流す

マイルールも決まり、さて実行し始めたら、MP3化したものを聞き流しましょう。

下記を行っているときに聞き流すといい感じです。

  • 家事
  • 運転中
  • 通勤中
  • 暇なとき

上記のような、「割と無駄だからやりたくねぇ~」と思うことをしている時に聞き流せば、音声に集中しているので、割と思考停止でこなせると思います(笑)

しかし毎日同じ奴を聞いているとマンネリ化するので、気になる記事インプットしたい記事をMP3化しましょう。

約1か月動画を見なかった感想

結論から言うと、
ぶっちゃけ特に変化を感じていません

ですが、微々たるメリットとデメリットは一応感じましたので、下記にまとめます。

メリット

動画類で時間泥棒されなかった

当たり前のことですが、動画で時間泥棒されなくなります。

その結果、「目が疲れた~」と思うことが少なくなったような気がします。

僕の予想では、「時間も増えるかな…」と思っていたのですが、思ったより増えた実感がありません。

また、個人的に夜中に鬱々することも減った気がします。
おそらく、

  • 「タスクやろう…。」
  • 「だけど、YouTube動画気になる…。」
  • タスクをやらずに、YouTube見ちゃう
  • 結果、時間を無駄にする
  • 自己を律することができず、萎える
  • 自己肯定感が下がって、無駄に悩む
  • 悩んで行動がストップし、寝るのも遅くなり
  • さらにネガティブに・・・。
  • ネガティブループ

というのが、減少したからだと思いますね。

動画類を観てしまい、いつも後悔している人におすすめの習慣かもです。

動画を観なくても生活に支障0でした

僕は生粋の動画依存症です(下記)。

  • 筋トレのノウハウ→YouTube
  • 暇つぶし→YouTube
  • ブログの情報収集→YouTube、Web記事
  • 性欲→○ル○動画

といった感じですが、あまり困らなかったです。

筋トレのノウハウは、Web記事や本&自己実験でノウハウを得るので、問題なしでした。
動画を観ない方が自分で考えるようになり、試行錯誤の回数が増えた気がします。

暇つぶしの時間は、自己のビジネスやスキルアップに還元できたのでよかったかなと。
やはり、「動画類を観る」という選択肢が減ったので、選択と集中による影響もありそうですね。

ブログの情報収集は受け身で得る動画インプットが減った分、「頭で考えたこと」「実体験」を中心に書くことになります。
結果、独自性が増すので、良さげだと思いました。

性欲はどうしようもなくて、時々大人のサイトにアクセスしたり、そういった漫画を読んだりしちゃっていましたね😱

デメリット

ブログで紹介したい動画を確認できない点

時々、「○○の動画を紹介したら、わかりやすいのになぁ~」と確認したくなることがありました。

紹介できない分、自分で分かりやすい連続画像を作成したり、動画撮影をすることになりますね。

時間がかかるという、デメリットはあります。
ですが逆説的に考えると、試行錯誤も増えるのでメリットではあると思う。

YouTubeのトレンドに疎くなった

こちらはマーケターやYouTubeトレンドを考える人以外は、問題ないと思います。

動画時代が迎える弊害とは?(勝手に予想してみた)

結論としては、下記だと思います。

  • 健康問題が増える
  • 貧富の格差が大きくなる
  • 思考力が欠如した受動型人間が量産される

なぜそう思ったのか、説明します。

健康問題が増える

動画ばかり観ると、病気になりそうです。

考えられる病

  • 1.視力低下→失明のリスクアップ
  • 2.ドライアイによる、眼精疲労の増加
  • 3.同じ姿勢による血流が悪化→腰痛、肩こり
  • 4.猫背の増加
  • 5.ストレートネックの増加
  • 6.寝不足で病気になりやすい
  • 7.日光を浴びる時間が減り、うつ&寝不足&骨折しやすくなる
  • 8.運動時間が減る→太って病気になる
  • 9.無駄に興奮して、心拍数アップ→死を早める

病を被る懸念があるので、Web記事・本などから情報を得るようにしています(ここ最近~)。

確かに動画類は、視覚的に分かりやすいので楽です。

ですが、Web記事・本で情報を得る以上に、動画で情報収集は不健康になると思います。

理由は、長時間見ていても飽きにくい=離脱しにくいからです。
長時間、同じ体勢・目を酷使しながら見続けることで、不健康になりやすいです(上記の通り)。

僕自身、22時頃から気分転換で動画を観ていたら、夜中の1時・2時(3~4時間の浪費)になることがよくありました。

当然翌日は頭が重かったりして、パフォーマンスがガタ落ち。
結果、1日をほぼ無駄になってしまう…という末路です。

このような危機を知らずに、動画に依存しまくる人は、ズタボロで頑張れない肉体が手に入る予感です。

貧富の格差が大きくなる

理由は下記。

  • 1.動画類で時間消失→自己投資できない→貧乏
  • 2.動画見すぎて不健康→医療費がかかる
  • 3.睡眠時間の低下→パフォーマンス低下→仕事でミスが増える&質が低い→稼げない→貧乏
  • 4.睡眠不足→交通事故のリスク上昇→無駄な支出→貧乏
  • 5.無駄に物欲が刺激→不要な物を購入→貧乏
  • 6.自己肯定感低下→現実で頑張れない→貧乏

といった感じで、貧乏まっしぐらな予感です。

大半の人は、ストレス解消&娯楽のために動画を見まくっています。

しかし、ストレス解消のために動画類を観ていては、人生良くなると思いますか?

1㎜も思いませんよね。

むしろマイナスな方向に向かっています。

動画から距離を取れない人は、ますます貧乏になっていく気がします。

思考力が欠如した受動型人間が量産される

動画が広がる前も、検索窓にキーワードを打ち込めば、答えが返ってくる時代になりました。

さらにYouTubeが伸びてきて、より受動的に情報収集ができるようになり、
「考えない」という世の中に、拍車がかかった気がします。

さらに「無料」で入手できるので、容易に貧乏層が食いつくことができます。

その結果、よく考えもしない&知識もない貧乏層は、さらに「お金」・「時間」・「健康」をむし取られ、積んでしまうと思います。

これからの時代を生き残るためにも、

  • 情報収集の仕方を考える
  • 動画との付き合い方をコントロールする

最低上記2点は、必須そうですね。

僕も人生を良くしていきたいので、「動画類を観ない人生」を選択し、頑張っていこうと思います。

コメント